人生もゴルフもナイスチョット!!

好きなことする、無理しない生き方、夢は海外移住…そんな人生を楽しむ雑記ブログです。

これまでの自分、そしてこれからの自分について

いまだ青春真っただ中のアラ60

 2018年6月

 

1959(昭和34)年生まれ、現在58歳のいわゆるアラ還、まもなく60歳という実感はあまりないんですけどね…

 

有名な詩がありますよね、

【青春とは人生のある時期ではなく、 心の持ち方を言うのだ】

・人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる

・人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる

・希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる

 

髪も白いものが目立ち、だいぶ薄くなってきた今日この頃ですが、やっぱり信念と自信と希望をもって進んでいきたいと思って日々を過ごしています!!

 

 

社会人になってからのざっとの経歴

 
いまから24年前、35歳のときに新卒から10年勤めた会社を辞めて起業しました。
 
勤めていた会社は日本を代表するような大手電機メーカーのグループ会社。
既に結婚していて、子どもはなんとその年、三つ子が生まれて一気に4人になってました。 
 
そんな状況ですから、周りからは気違い扱いされましたね(笑)。
 
とにかく少しでも大きな会社に勤めて、みんなで同じ方向を向いて、周囲との同調・同質が美徳とされた時代でしたから。
 
 
当時のサラリーマンの価値観で語れば「辞める」=「保障された将来への切符を捨てる」でしたからね、いやいや、その風潮は今でもありますかね(笑)。
 
 
ちなみに私が勤めていたその大手電機メーカーは、数年前に不正会計が発覚して会社の屋台骨は見事に崩れました。
 
多くの社員が早期退職を迫られたり、給与・賞与カットの憂き目にあっています。
当時、一緒に働いていた仲間、先輩、後輩が心配です…
 
 

f:id:earn_miles:20180618192740j:plain

 
 
さて会社を辞めて自分の会社を起こしてから早や24年、その間にスタートアップの事業も含め3つの事業を立ち上げ、ある程度の規模(概ね売上3億~10億)でM&Aを実行。
 
つまり事業を立ち上げ、育ってきたところで誰かに任せてしまう、、、そんなことを3度も繰り返してきました。
 
 
人からは「これからなのに~」とか「もったいない」とか、「そもそも不真面目だ」とか、特に直近2年前の事業譲渡は業種が認可保育所の運営だったので、社員(保育士、施設長)や保護者からもいろいろと言われました。
 
でも経営者にはその人固有の性格やスタイルがあります。
 
 
自分は自分の性格をよく理解しています。
 
一言でいえば
「熱しやすく冷めやすい、新しいもの大好き、でもすぐ飽きる(笑)」
 
向き不向きでいえば
「瞬発力はあるけど持久力はない」
 
さらに以外と人嫌いで
「長いこと同じ人たちと係わるのは苦痛」
 
こんな性格の人が一つの事業を未来永劫続けるぞぉ~なんて気持ちになるわけがない。続けても、自分も、社員も、お客さまも、取引先も、みんな不幸になるだけ。
 
こんなことをよく理解していたので、事業譲渡はいまでも欠片の後悔もしていません。
 
事実、事業譲渡後は自分も、社員も、お客さまも、取引先も、みんな幸せになってます。
 
 で、
 
現在はと言えば、さすがに3度のM&Aを経験すると社長業もやった感が満載で、しばらくは組織運営から離れて単独で仕事をしてみたい…と思っていた時に巡り合ったのがFXでした。
 
 
自宅でもできちゃうんですが、そこはやはり仕事と家庭をしっかり分離したいので、天王洲アイルタワーマンションにプライベートオフィスを開設しました。
 
天王洲アイル、良いところですよ~運河に囲まれていて、オシャレなカフェやレストライも多く、運河クルーズもできます。
 
まだまだ``なんちゃって``ですが、いちおうは月額目標もしっかり決めて、FXトレーダーとして日々稼いだり、損したり(笑)しています。
 
 
FXトレードのいいところはスマホタブレットがあればどこでも仕事ができる、ということ。
なので最近はスマホ片手にちょくちょく旅に出ています。もっぱら沖縄かアジアですけどね。
 
 
最近の国内線はWiFiが使えるので、1万メートル上空で注文・決済なんてこともできたりします(笑)。
 
 
 

そして、これから自分が目指すところは

 

正直言って、日本に嫌気がさしてます、というか、悲しいくらい失望してます。
 
 
自分も一人の企業家として、それなりに日本に貢献してきたと思っています。法人個人合わせれば、サラリーマンの何百倍の税金を納めてきました。
 
会社が苦しいときでも、納税や社会保険料は待ったなしです。
とにかく必死になって払ってきました。
 
当たり前でのことです。
 
特別に偉いとか、頑張ったとかじゃないです。
 
国民として、企業家として、当たり前のことを当たり前にしてきたんです。
 
 
ただ、「この国をよくしたい」という思い一心で。
 
 
さてその結果・・・この国の現状はどうでしょうか?
 
 
年金政策、財政再建、人口減少対策、外交、何か一つでもまともにできているもの、ありますかね?!
 
その場しのぎの政策で、選挙のことしか頭にない自民党の政治家が、今よければそれでいい的な気質の国民と丁々発止。
 
国会ではくだらないくそ案件ばかり、笑うしかないでしょ。
 
 
せっかく新しいアイデアが登場しても、始まる前から既得権者保護のために規制でがんじがらめ。
 
ライドシェアも民泊も、日本が躊躇して規制している間に、アジアの諸国はあっという間に普及してます。
 
それだけじゃないんです、それらに関連する新たなビジネスがどんどん生まれています。
 
日本は新しい仕組みや、アウトロー的な発想はすべてアウト。
 
昔の日本海軍で無用の長物になりながらも温存された戦艦、大和と武蔵を思い出しました。
でかすぎて舵を切ってから向きが変わるまでに30分かかったとか(笑)。
 
まさに、今の日本の姿!!
 
武蔵はフィリピン方面でアメリカの艦上爆撃機にボコボコにされて南明の海に沈みました。
 
大和に至っては片道燃料で沖縄特攻ですよ、、、目的は本土決戦までの時間をかせげ。
 
日本の将来が大和・武蔵にならないことをホントに祈ります。
 
 
で、
 
結局、自分はどうするか、、、日本にはもう十分に貢献しました、ので、近い将来は日本を脱出してマレーシアへ移住しようと目論んでいます。
 
 
実はマレーシアにはそんな人のためにMM2H(マレーシ・マイセカンドホーム)という10年更新可能、事実上永住権と同等なロングステイビザがあります。
 
移住の第一歩として、まずは今年それを取得する予定です。